検定試験のご案内

公益法人会計検定試験について


1971年(昭和46年)7月に、現在の試験の前身であり、国内初となる公益法人会計に関する資格試験「公益法人会計技能試験」第1回が開催されました。公益法人・一般法人に強く要請されている会計熟練者の養成を目的とし、また公益認定要件でもある「経理的基礎」の向上に資するために約半世紀にわたって実施されています。
試験は年に1回だけ開催され、記述式から仕訳、精算表の作成等が出題されます。また、試験合格者には合格証書を授与されます。全国の公益法人、一般法人に就職されたい学生の方や、転職・昇進を目指されている方にとって必須の検定試験です。

contents
検定試験の概要
検定試験のお申込み
検定試験のメリット
検定試験の学習方法
試験範囲
受検上の注意事項
よくある質問